about

Geiger-Rとは?

Geiger-Rシリーズは、マイナスイオン、ホルミシス効果を応用し、 取付けるだけで愛車本来の性能を引き出す高性能カーグッズです。 他社さまにより様々派生的な特許が申請されていますが、一番重要な鉱石類の含有量、 また独自の成分組み合わせにこだわり製造しています。 成分は天然鉱石を主成分とし、製造は私が手作業で、 日本国内製造なので安心して頂けます。

CONCEPT

この業界の製品は2008年に公正取引委員会の排除命令(不当な表示の禁止など)が出され、 多くの有名どころが撤退しました。 「燃費向上グッズ」という言葉があるように、目的の多くは燃費向上させたい、ということかもしれません。 ただGeiger-Rは、それは結果的なものであると考えています。 つまり、以下と考えています。 エンジンレスポンス、パワー・トルク感が上がったことにより
・アクセルを今までより踏まないで運転できるようになった ⇒ 燃費が向上した
・気持ちいいので、アクセルを踏んでドライビングを楽しむ ⇒ 燃費は変わらない (今までよりアクセルを踏んでいるのに燃費が変わらないなら燃費が向上しているといえる)
※アクセル踏込み量、時間が同じなら、物理的にガソリンの噴射量は変わらない(=燃費は変わらない) また、車は「走ればよい」「移動できればよい」というなら別ですが、 「走りを楽しみたい」のであれば、燃費だけが全てではないと考えています。

Geiger-R購入者さまのレビューによれば、以下が主な報告となります。

購入者さまのレビューを大切にしています。

本HP、ブログ、amazon、ヤフオク販売ページなどに記載している内容は 全て購入者さまから頂いた生の声以外は絶対に掲載しておりません。 この業界は「オカルト」と言われるように謎めいています。 それはこの業界の理論が未だ科学的に解明されていないことによります。 ”We Have No Idea  著:Jorge Cham, Daniel Whiteson”によれば 「宇宙の中で分かっているのは5%だけ」とあるように、まだ解明はされていないが、経験からは確かに体感できるものもあるということです。「昔の人の知恵」が、当時では科学的に証明されていなかったが、格言として言い伝えられ、確かにそうであるということと同じです。 Geiger-Rは、技術が先行してしまっていますが、解明していきたいですし、他の研究者により解明されるならそれでよいと考えています。 (アルミテープが大企業トヨタにより解明されたように)
Original

他社様との違い

現時点で可能な限りこの業界がクリアーな存在となるよう、Geiger-Rができることで 他社さまがしていないことを考えたとき、最低限以下は行うべきという結論に至りました。
・測定値の公表(業界唯一)
・原材料の公開(業界唯一)
類似特許が多数ある中、他社さまも可能な範囲で『測定値』など公表すればよいと考えているのですが、 今のところ確認する限り、Geiger-Rだけだと思います。 (元々、私はこの業界の製品が大好きで、1ユーザーとして多数の商品を実際に購入して楽しんでいましたのでその測定値などは確認していますが、言及は避けます)

測定中の画像

測定中の動画

Material

成分はレアアースなど、天然鉱石を長年の研究により調合

『原材料』について、具体的に鉱石名や調合割合などは、長年にわたる研究結果の成果となりますので具体的に公表することは難しいですが、購入者さまに安心して頂くため、写真であればギリギリセーフということで公開しています。 『原材料』の公開に踏み切った理由として、きっかけとなったエピソードもお伝えします。きっかけは、ある方からメールを頂いたことからでした。「Geiger-Rの中身は?その辺の石ころをいれているだけなのだろう??」まあ、ごもっとも、分かる方にしか理解されないだろうなぁ・・・ ・・・でもそうではありませんでした。何回かのやり取りの後に分かりました。その方は本当にこの世界が好きな方である、ということを。
聞いてみると、他社さまの新製品がでれば購入、別の会社の製品を購入・・・一定の効果を体感しているものの、 本当に特殊な成分が入っているのか、ただの石ころなのか、究極なんでもないのか、疑心暗鬼になっていました。そこで、Geiger-Rは他社さまがやらない、原材料の一部をお見せすることにしました。鉱石を海外、国内から取寄せ(結構大変です)、一部自分で採取(危険&結構大変です)、 それらを粉砕~調合しています。 天然鉱石ばかりですので、最終的に調合してみないと基準を満たすものとなるか分からず、NGとなれば、再度仕入れからやり直します。 こだわるからこそ、見た目以上に手間、費用のかかる作業を行っています。
Story

開発ストーリー

私の開発車両は軽自動車のJB23ジムニー(MT)です。 とにかく出だしの遅い車で、あおられることも多く、いやな思いをすることが多々ありました。 ただ、本当に大好きな車で、「普通に流れに乗りたい!」ただそれだけの思いから、色々とトライする中で生まれた製品です。 私もこの世界にはまってしまい、出回っているものを友人たちと取り付けては楽しんでいました。 そんな中、「もっと効果を体感できものができないか?」「もっと上を目指したらどうなるか?」 探求心から自分が満足できる数値をもつものを作ることにしたわけです。 5年程度はごく限られた、友人やその伝手でいくつかのチームの方々に使用頂いて個人的に楽しんでいました。 そのうち、徐々に口コミで広がり、いっそ販売してみれば? ということで6年程度、ヤフオク販売から始まり、HP立ち上げ直販、amazon販売に至っています。 正直、最初は不安でしたよ、なんと言われるか。(実際、悪評もネットで散見される) でも予想に反して高評価、みんカラでも続々と体感を投稿頂けることになりました。 個人的なメール連絡でも、Geiger-Rの開発コンセプトに賛同頂き、非常にありがたいです。 私のジムニーように「路上で色々と苦労する車」や、「他車よりよくしたい方」 とにかく「お車の本当の性能を体感してみたい方」にはお楽しみ頂けると思っています。 (ここまでお読み頂けただけでうれしいです。数値にこだわったマニアックなやつがいることだけでも知っておいてくださいませ(笑))
SAFETY

安全性について


Geiger-Rは、マイナスイオンと共に、線量をエネルギー源の一つとしています。(マイナスイオンを発生させるには、放射性物質のプラスイオンが必要)
ここで、人体への影響を心配される方もいらっしゃると思いますが、心配無用です。
Geiger-Rはこの業界の製品においては強力ですが、その単位は「μSv(マイクロシーベルト)」です。
一般的に健康~危険と議論される単位は「mSv(ミリシーベルト)」以上です。

つまり、「1μSv = 0.001mSv」 であり、「1,000分の1」ということです。

また、ラジウム温泉という言葉は一般的ですが、火山岩系の鉱泉は微量な放射線を含みます。
わざわざ裸になってつかる、飲料水としても活用、されていることからも心配する必要はありません。
加えて、地球上の生物は多かれ少なかれ、宇宙放射線や地表から常にごく微量な放射線を受けている実態もあります。

ちなみに、身近なところで人体が受ける放射線被ばくは以下です。
・バナナ1本食べる         0.1µSv ※地中には微量な放射性物質が含まれる。植物はそれを吸収して成長する
・胸部レントゲン検査        100µSv ※人工的な放射線発生装置である
・航空機で東京-ニューヨーク間を往復:150µSv ※宇宙放射線による

さらに安心して頂くなら、Geiger-Rは車両取付を想定しており、肌身離さず持ち歩く方はいないと思います。
放射線の特性から30cm程度離れれば減衰しますので、その原理からも心配する必要はありません。
(逆に、肩こり腰痛に貼り付けている方がいらっしゃいますが、薬事法にからむので効果のほどは言及しません)

Geier-Rの商品をご紹介!

商品の画像をクリックしていただくと、各商品の紹介ページを見ることができます!気になる商品をチェックしてください!
お買い物カゴ